旅人マイケルオズのニッポンひとり旅語り

全都道府県を巡り歩いた旅人が、ひとり旅で訪れた旅先の素晴らしさ、楽しいエピソードなどを紹介し、併せて旅の情報やノウハウも語っています

時を忘れてラジウム温泉につかる 2003年11月

f:id:mykeloz:20190816080804j:plain

山の中にある増富温泉(2003年)

 山梨県を代表する人物の一人に、戦国武将として名高い武田信玄がいます。山がちで温泉が豊富な県内には、信玄の隠し湯と言われる名湯が複数存在しており、その中の一つが山深い秘境の地にある「増冨ラジウム温泉」です。

 韮崎駅からバスで1時間近く上っていき、途中からは人家の少ない山間部を通り、ようやく着いた温泉地は周囲が山に囲まれ、数件のホテル・旅館しかないような場所です。まさに「湯治にだけ来る」ような温泉といえますね。

 ラジウム温泉は全国でも珍しく、ラジウムは体を一瞬にして抜ける物質であることから、新陳代謝を促す効果があるといいます。私が訪れた日帰り温泉には温度が違う3種類の湯があり、ぬるい湯にゆっくりと時間をかけて入るのがいいそうです。

 私が訪れたのは2003年11月でしたが、当時は仕事で時間に追われがちの日々を過ごしていたこともあり、秘境の地で時のたつのを忘れてゆっくりできたのは、心身ともにいいリフレッシュとなりました。