旅人マイケルオズのニッポンひとり旅語り

全都道府県を巡り歩いた旅人が、ひとり旅で訪れた旅先の素晴らしさ、楽しいエピソードなどを紹介し、併せて旅の情報やノウハウも語っています

「全国神社お参り旅」御香宮神社~京都市伏見区

今回の「全国神社お参り旅」では、京都市伏見区御香宮神社を参拝いたします。

御香宮(ごこうのみや)神社は、京阪電車伏見桃山駅近鉄奈良線の伏見御陵前駅から坂道を上ったところにあります。東側にはJR奈良線も走っており、桃山地区の中心に鎮座している神社です。

御祭神は神功皇后で、懐妊中にもかかわらず朝鮮出兵の指揮をとり、帰国後に無事応神天皇をお産みになったという伝承から、安産祈願の神様として崇敬を集めています。「香りの良い水が湧き出た」ことから御香宮の名がついたそうです。

御香宮神社は戊辰戦争の戦場にもなり、旧幕府軍と戦うために新政府軍(薩摩藩)が神社に陣を置きました。新政府軍が勝利したことで社殿は戦火を免れましたが、伏見御陵前駅近くの料亭には当時の弾痕が残され、戦いの激しさを今に伝えています。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

御香宮神社公式サイト

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
 旅道楽オヤジのひとり旅応援サイト「旅道楽ノススメ」→ぜひご覧ください

 全国神社お参り旅のコラムが、旅ガイドに再編集して掲載中!

tabidouraku.com

 

★★マイケルオズの著書PR 「時は金なり」ー不本意な仕事を続けるのは、人生の貴重な時間の無駄遣いだと思いませんか?

「全国神社お参り旅」狭井神社~奈良県桜井市

今回の「全国神社お参り旅」では、奈良県桜井市狭井神社を参拝いたします。

狭井(さい)神社は、大神神社の摂社の一つです。大神神社の北側に鎮座しており、ご神体山である三輪山への登山口にあります。三輪山にお参りされる方は、狭井神社で申し込みを行い、決まり事を守りながら登らねばなりません。

摂社とはいえ、古代の垂仁天皇の御代に創建されたという由緒ある神社で、御祭神に荒魂(あらみたま)を祀っています。病気平癒や身体健康にご利益があり、鎮花祭(はなしずめのまつり)という厄病除けの例祭が執り行われます。

そうした霊験あらたかな境内の拝殿脇には「薬井戸」があり、万病に効くとされる薬水が湧き出ています。参拝者なら誰でも飲むことができますので、コロナ禍退散の願いを込めて飲用したいものですね。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

大神神社公式サイトの狭井神社紹介ページ

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
 旅道楽オヤジのひとり旅応援サイト「旅道楽ノススメ」→ぜひご覧ください

 全国神社お参り旅のコラムが、旅ガイドに再編集して掲載中!

tabidouraku.com

 

★★マイケルオズの著書PR 「時は金なり」ー不本意な仕事を続けるのは、人生の貴重な時間の無駄遣いだと思いませんか?

 

「全国神社お参り旅」若狭彦神社~福井県小浜市

今回の「全国神社お参り旅」では、福井県小浜市の若狭彦神社を参拝いたします。

若狭湾に面した小浜市は海の幸に恵まれ、昔から京都と若狭湾を結ぶ鯖街道の拠点として栄えてきました。若狭彦神社は、神社やお寺が点在する東小浜エリアにあり、若狭国一宮として地域住民の信仰を集めてきました。

若狭彦神社は上社と下社に分かれており、下社の方は若狭姫神社の名があります。若狭彦神社(上社)の御祭神は彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)で、海彦山彦伝説の山幸彦として知られています。

若狭姫神社の御祭神は山幸彦の妻である豊玉姫命(とよたまひめみこと)で、浦島太郎伝説に登場する乙姫様のモデルになった神様。両社は1・5キロほど離れていますが、そろってお参りしていただくことをお勧めします。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.fuku-e.com

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
 旅道楽オヤジのひとり旅応援サイト「旅道楽ノススメ」→ぜひご覧ください

 全国神社お参り旅のコラムが、旅ガイドに再編集して掲載中!

tabidouraku.com

「全国神社お参り旅」今宮戎神社~大阪市浪速区

今回の「全国神社お参り旅」では、大阪市浪速区今宮戎神社を参拝いたします。

大阪でも指折りの観光名所・通天閣や新世界界隈から西へちょっと足を伸ばすと、ビル街の一角に今宮戎神社があります。それほど広い神社ではありませんが、1月の十日戎にはたくさんの善男善女が参拝に訪れています。

創建は1200年以上前の推古天皇の御代の頃とされ、本殿には御祭神として天照皇大神事代主命らが祀られています。事代主命七福神戎(えびす)様と同一視されており、左手に鯛、右手に釣竿を持ったお姿でおなじみです。

戎様のご利益と言えば「商売繁盛」ですが、ふくよかな笑顔を見るだけで心が和んでくる神様でもあります。ちなみに最寄り駅である南海電鉄今宮戎駅は意外にアクセスが良くないので、お越しの際は市営地下鉄の方が便利ですよ。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.imamiya-ebisu.jp

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→ぜひご覧ください

 全国神社お参り旅のコラムが、旅ガイドに再編集して掲載中!

tabidouraku.com

 

★マイケルオズの著書PR 役職定年、賃金据え置き、不本意な配転・・・そんな悩みがある方にぜひ読んでほしい一冊です!

 

「全国神社お参り旅」出早雄小萩神社~長野県岡谷市

今回の「全国神社お参り旅」では、長野県岡谷市の出早雄小萩神社を参拝いたします。

岡谷市には地域で氏神様として守られている神社がたくさんあります。出早雄小萩神社もその一つで、自然豊かな横河山の麓にあって、春のカタクリ、秋の紅葉をはじめ、四季折々の表情を見せてくれます。

昭和35年に出早雄神社と小萩神社が合祀されて、出早雄小萩神社となったそうです。それぞれに御祭神がおり、出早雄神社は出早雄命、小萩神社は意岐萩命で、ともに諏訪大社の御祭神・建御名方神の子にあたります。

シーズンには観光客の姿が見られる神社ですが、ふだんは散歩などで訪れる地域住民の静かな心のよりどころ。かく言う私も、神社駐車場をウオーキングの拠点として利用させていただいています。引き続き、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→ぜひご覧ください

 全国神社お参り旅のコラムが、旅ガイドに再編集して掲載中!

tabidouraku.com

 

★マイケルオズの著書PR 役職定年、賃金据え置き、不本意な配転・・・そんな悩みがある方にぜひ読んでほしい一冊です!

2024年初詣で東京へ出かけました!

遅ればせながら、2024年の初ブログを書かせていただきます。

毎年恒例となっている初詣のひとり旅として、日帰りでしたが東京の多摩方面まで出かけてきました。東京入りはコロナ禍前以来、4年ぶり。

初詣をしたのは、府中市大國魂神社と八王子市の子安神社です。ともに2回目の参拝で、とくに大國魂神社は2004年以来20年ぶりでした。

その時は、大河ドラマ新選組!」が放送されており、主人公・近藤勇が宗家襲名披露の試合を境内で行ったことにちなんで参拝したのです。

両神社ともに、初詣の参拝者がたくさん訪れており、境内も正月独特の華やいだ雰囲気に包まれていました。

子安神社では「初こんぴら」のお祭り真っ最中で、神楽が演奏されるにぎやかな祭りムードのなか、福娘と称する巫女さんからお神酒を頂戴しました。

お参りのあとは、八王子駅周辺の酒場で昼酒飲み歩き! これも初詣ひとり旅のお楽しみで、9か月ぶりとなる外飲みをたっぷり満喫しました。

 

さて、2024年は目標のひとつに「ひとり旅の再開」を掲げています。コロナが終息していないことなどで、昨年達成できなかった目標でもあります。

まずは昼酒飲み歩きを実行しました。さらに宿泊付きの夜の飲み歩き道楽もなんとか復活させたいですし、その先にひとり旅の再開も見えてくるでしょう。

 

★ひとり旅のヒントやアドバイス、全国各地の見どころなどをご案内!
「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」→今年もよろしくお願いいたします

tabidouraku.com

★マイケルオズの著書PR 「時は金なり」ー不本意な仕事を続けるのは、人生の貴重な時間の無駄遣いだと思いませんか?

 

「旅道楽ノススメ」トピックス 2023年末特別号~コロナ禍の山梨県行き

「ひとり旅で全国を巡ろう!旅道楽ノススメ」の更新情報など、サイトのトピックスをお届けします。

tabidouraku.com

【本日のつぶやき】

2023年も残すところわずかとなりました。新型コロナが5類に移行し、コロナ前の日常が戻って来たと言われていますが、さてどうでしょう?

私自身、年頭に「withコロナ活動宣言」をし、昼飲みだけですが飲み歩きをようやく再開させました。しかし、目標のひとり旅再開には至りませんでした。

新型コロナは決して終息したわけではありません。ゆえに感染予防対策の手を緩めるわけにはいかず、おのずから「自粛」という意識を持ち続けています。

2024年はどんな年になるのでしょう。コロナとの戦いは長期戦ですので、大きな変化は見込めませんが、僅かであっても変化を求めていきたいと思います。

 

【本日のおススメページ】

旅道楽なコラム~コロナ禍の県外脱出・山梨行きの3年間

tabidouraku.com

コロナ禍真っ只中でスタートした2021年。恒例の初詣でお参りしたのは隣接する山梨県北杜市の身曽岐神社でした。

それから3年。山梨を中心に県外脱出の足跡を振り返りました。

 

★PR 定年まであとわずか・・・でも早期退職を決断しました。理由は「第二の人生」をどう生きるかにあり!