旅人マイケルオズの「平成・令和 ひとり旅語り」

平成時代や令和のひとり旅を振り返り、エピソード、ハプニング、感動秘話などを拾い、エッセイ風に書いてます

「全国神社お参り旅」松陰神社~東京都世田谷区

f:id:mykeloz:20210515085533j:plain

松陰神社(東京都世田谷区)

今回の「全国神社お参り旅」では、東京都世田谷区の松陰神社を参拝いたします。

松陰神社は、東京の下町風情の中を走る東急世田谷線松陰神社前駅から徒歩数分のところにあります。昭和の雰囲気を漂わせる商店街の中を歩いていくと、やや広々とした境内が現れ、都会の街なかとは思えない静けさを感じさせてくれます。

幕末の志士であり、教育者として知られる吉田松陰を祀っており、御祭神は松陰先生です。安政の大獄で若き命を散らした松陰は、出身の長州藩だけでなく、多くの偉人たちに影響を与えました。神社は毛利家の別邸に建てられています。

境内の一角には、松陰門下の教育の場である「松下村塾」があります。山口県萩市に本物の松下村塾があり、こちらは模造した建物ですが、まるで本当にこの場所で松陰が教えたかのように、凛としたたたずまいをしています。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.shoinjinja.org

[新訳]留魂録 吉田松陰の「死生観」

[新訳]留魂録 吉田松陰の「死生観」

  • 発売日: 2014/06/27
  • メディア: Kindle
 

 

「全国神社お参り旅」諏訪大社下社秋宮~長野県下諏訪町

f:id:mykeloz:20210508080928j:plain

諏訪大社秋宮神楽殿

今回の「全国神社お参り旅」では、長野県下諏訪町諏訪大社下社秋宮を参拝いたします。

諏訪大社は上社と下社に分かれており、さらに上社には本宮と前宮、下社には秋宮と春宮がそれぞれあります。下社秋宮は下諏訪駅から徒歩10分ほどで、八幡坂という坂道を上ったところに広々とした境内を持つ神社です。

諏訪大社の御祭神は、上社が建御名方神 (たけみなかたのかみ)、下社が八坂刀売神 (やさかとめのかみ)とされ、諏訪湖が結氷した後に見られる「御渡り」は、上社の男神が下社の女神の元に通われた跡とされています。

諏訪大社最大の祭りが「御柱祭」で、2022年が祭りの年にあたります。新型コロナウイルス感染予防のため、祭りに関わる諸行事も大幅に縮小されていますが、諏訪に住む者として、本祭りはぜひ賑やかに楽しく出来たらいいなと願っています。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

suwataisha.or.jp

 

「全国神社お参り旅」伊勢神宮(外宮)~三重県伊勢市

f:id:mykeloz:20210501081529j:plain

伊勢神宮外宮

今回の「全国神社お参り旅」では、三重県伊勢市伊勢神宮外宮を参拝いたします。

このカテゴリーの第1回目でご紹介した伊勢神宮内宮と合わせて参拝されることが多い外宮。JRや近鉄伊勢市駅から徒歩5分のところにあり、JRを利用する場合は外宮から内宮へと向かう方も多いと思います。これが正式ルートだそうです。

内宮の御祭神は天照大御神ですが、そのお食事をつかさどる神様を迎えたのが外宮の御祭神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)でした。人にとって最も大切な「食」の神様であり、衣食住や産業振興の守護神とされています。

内宮、外宮ともに20年に1度、社殿を建て替える式年遷宮の儀式があり、2013年が遷宮の年にあたりました。この年の竣工前に参拝させていただき、建て替えられる前と後の社殿をそれぞれ見せていただいたのが、いい思い出になっています。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.isejingu.or.jp

「全国神社お参り旅」伊勢神宮内宮のブログ

mykeloz-hitoritabi.hatenablog.com

 

今年も「旅行が出来ない」大型連休になります

東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に緊急事態宣言が発令されました。大型連休中に期間が設定されており、レジャーや飲食施設での人の流れを抑制しようという意図ですが、これは観光や旅行業界にとって大きな痛手となります。

昨年の今頃も、「大型連休に観光客を呼び込むことはできません!」というタイトルのブログを書いていました。昨年は全国に緊急事態宣言が出ており、長野県も旅館、ホテルの休業を要請していたのです。当然、業界は大打撃を受けました。

今年は休業要請こそしていませんが、長野県内でも新型コロナウイルス感染は歯止めがかからず、私の住む諏訪圏域では変異株による患者数の激増があり、緊急事態宣言に準じる「特別警報Ⅱ」が発令されているところです。

大型連休に2年連続で観光、旅行業界にダメージを与えてしまったのは、新型コロナが100年に1度の大厄災であることを物語るだけでなく、国の場当たり的な対処にも問題があったと思います。東京五輪開催にもこだわり過ぎです。

私個人は常に危機感を持ち続け、自主的緊急事態宣言をずっと継続中です。旅道楽の身としては業界の皆さんには心苦しいのですが、旅行も飲み歩きも自粛させていただいています。早く「自主的」が解除できるよう、心から願っています!

f:id:mykeloz:20200226222246j:plain

※全国神社お参り旅はお休みさせていただきます

諏訪地方への旅行は自粛して下さい!

旅のブログを書く者として、非常に辛いメッセージを発信しなければならなくなりました。極めて残念でありますが、書かせていただきます。

長野県は16日、諏訪圏域(諏訪地方)に新型コロナウイルス特別警報Ⅱを発令しました。緊急事態宣言に迫る局面を迎えています。これ以上、諏訪圏域でのまん延を防止するため「諏訪地方への旅行は自粛して下さい!」

正直、首都圏や大阪など関西圏でのまん延は、他人事だと思っていました。ただ、政府のしどろもどろの方針転換に苛立ちを持っており、「いつか他人事ではなくなる」と心配していました。まさか、こんなに早く危機が迫るとは思いませんでした。

とくに感染者が多い茅野市は、八ヶ岳や蓼科といった山岳観光地への玄関口であり、これから多くの観光客が訪れる季節になります。そのなかで、旅行自粛を呼びかけねばならないのは、とても心苦しいのですがやむを得ません。

特別警報Ⅱの発令期間は、今のところ今月29日までとされています。何とか期間中にまん延を抑え込み、ゴールデンウイークは通常の感染防止対策で収まるようになってほしいと願います。そのためにも、今は諏訪地方へは来ないで下さい!(血涙)

f:id:mykeloz:20210417083904j:plain

※全国神社お参り旅はお休みさせていただきます

「全国神社お参り旅」千葉神社~千葉市中央区

f:id:mykeloz:20210410081917j:plain

千葉神社

今回の「全国神社お参り旅」では、千葉県中央区千葉神社を参拝いたします。

JRや京成の千葉駅から徒歩5分という千葉市の中心部にある千葉神社は、入り口に巨大な朱塗りの山門があり、周囲に存在感を示しています。境内は割とコンパクトにまとまっていますが、市街地とは思えない静けさがあります。

御祭神は北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)で、天の中央を守護する「妙見さま」として親しまれています。このため、厄除け開運や八方除けのご利益があり、厄年の方など祈願に訪れる人も多いようです。

平家一族の千葉氏が平安時代に創建したという歴史を持つ神社です。また、道教陰陽道や易学、九星気学、風水学の根幹となる特殊神とされ、私の個人的な印象かもしれませんが、他の神社とは雰囲気がすこし違っている気がしました。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.chibajinja.com

 

「全国神社お参り旅」東京大神宮~東京都千代田区

f:id:mykeloz:20210403081342j:plain

東京大神宮

今回の「全国神社お参り旅」では、東京都千代田区飯田橋東京大神宮を参拝いたします。

東京二十三区の真ん中にある飯田橋駅から徒歩5分のところにある神社で、「東京のお伊勢さま」として地域住民の信仰を集めています。住宅地の中にあるため、境内はコンパクトにまとまっていますが、立派な社殿を構えています。

明治天皇のご裁断を仰ぎ、伊勢神宮の遥拝所として創建されたという比較的新しい神社で、御祭神は伊勢神宮内宮の天照皇大神、外宮の豊受大神です。伊勢神宮の参拝が庶民の夢だった頃、お参りだけでもしたいという思いに寄り添っています。

良縁祈願の神様として若い男女の姿も目立ちますが、神宮では「心結び、縁結び、幸結び」と掲げており、様々な人々同士の絆をつなぐという意味合いが込められています。ぜひご参拝してみてはいかがでしょうか。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.tokyodaijingu.or.jp