旅人マイケルオズのニッポンひとり旅語り

全都道府県を巡り歩いた旅人が、ひとり旅で訪れた旅先の素晴らしさ、楽しいエピソードなどを紹介し、併せて旅の情報やノウハウも語っています

原爆の被害を科学的に研究した永井隆博士の住居「如来堂」~長崎県長崎市

長崎で原爆に遭い、被爆者として被害を研究してきた永井隆博士の名前を知ったのは、恥ずかしながらテレビの人物伝ドキュメント番組でした。高齢の方ですと、映画「長崎の鐘」のモデルになった人としてご存知ではないでしょうか。

永井博士は、原爆による被害の恐ろしさを情緒的に訴えるのではなく、科学者として分析し、時には原爆症に陥った自らの肉体を実験台として、研究を続けてきました。その拠点が博士の住居で、如来堂」と呼ばれていたのです。

20数年前、長崎を訪れた際、平和祈念公園浦上天主堂などとともに如来堂を見学しました。観光客が素通りしてしまうような住宅地の一角にあるとても小さな木造平屋の建物で、思わず「ここか・・・」とつぶやいたほどです。

原爆で妻を亡くした博士は2人の子供と一緒に暮らしていました。亡くなって半世紀になろうとしていましたが、当時の生活の匂いが残されており、たくさんの著書など偉大な功績を残した方のあまりにも小さな住居に、思わず目頭が熱くなったものです。

近接する永井記念館は児童図書を中心とした図書館でしたが、私の来訪から間もなく、永井隆記念館としてリニューアルされました。サイトを見ると、図書館の機能は残したうえで、永井博士の功績を分かりやすく展示しているようです。

nagaitakashi.nagasakipeace.jp

 

「全国神社お参り旅」義経神社~北海道平取町

今回の「全国神社お参り旅」では、北海道平取町義経神社を参拝いたします。

22日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、悲運の生涯を閉じた源義経が描かれましたが、実は義経は生き延びたという伝説が各地にあります。その一つが平取で、この地にやって来た義経アイヌ人と交流をしたというものです。

御祭神はもちろん源義経。神社創建は江戸時代で、幕府役人だった近藤重蔵義経の御神像をアイヌのリーダーに贈り、アイヌの人々によって守られてきたのが起源といいます。現地では義経伝説が長く伝聞されてきたのでしょう。

私は2010年に旅行した際に立ち寄ったのですが、小ぢんまりした神社だと思っていたら、結構広い境内だったのに驚き、さらに義経だけでなく、母の常盤御前や愛妾の静御前の碑まであり、義経伝説の深い信仰ぶりをうかがわせてくれました。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

 

知る人ぞ知る菜の花畑の黄色いじゅうたん~佐久市瀬戸地区

昨日、長野県佐久市へドライブに出かけました。佐久市役所近くの瀬戸地区というところに菜の花畑があり、ローカルニュースで今が満開という報道を聞き付け、早速出向いてみたのです。

長野県で菜の花といえば飯山市が有名で、この佐久市瀬戸の菜の花は全然知りませんでした。とくに観光誘客をしているわけでもなく、おそらく遊休農地の活用と菜の花の搾油を目的に地元住民が栽培しているのだろうと思われます。

小ぢんまりした場所だろうと思いきや、農地が広がる一帯にびっしりと菜の花が植えられており、満開の今は黄色い花が咲き誇る圧巻の光景。想像以上に大規模な菜の花栽培でしたので、驚くやら感動するやら。。。

観光地ではなく、案内看板もないので、まさに知る人ぞ知るという素晴らしい景観。住民が設置したと思われる高さ3メートルのやぐらに乗せていただき、高い位置から見ると、まるで大地に黄色いじゅうたんを敷き詰めたような鮮やかさでした。

長野県内には、まだまだ私の知らない景観や絶景が隠されていることがわかりました。県外への旅行を自粛している中、当面は県内ドライブで探してみたいと思います!

 

夜空に輝く満天の星を眺める超ぜいたくなひと時~沖縄県西表島

沖縄県八重山諸島の一つ、西表島は、手つかずの大自然がそのまま残っており、素晴らしくもダイナミックな景観が訪れる旅人を魅了します。2008年冬に念願かなって西表島を訪れた時の思い出を振り返ってみます。

早朝に羽田空港を出発し、那覇空港で乗り換えて石垣島に到着。さらに高速船で西表島に着いたのは昼過ぎ。仲間川マングローブクルーズや由布島など島南東部の観光地を巡り、リゾートホテルで1泊させてもらいました。

夕食でほろ酔い気分となった私は、ホテル内にあるテラスに出向いてみたのです。ホテルの従業員から星空がきれいだと聞いてきたので、どんな感じなのかと興味本位だったのですが、上空を見上げたとたん、思わず絶句してしまいました。

まるで闇夜に散りばめたかのような無数の星がキラキラ輝いていたのです。私の地元も都会に比べれば星がよく見えますが、その比ではありません。宇宙にはこれほど多くの星があったのかと驚きました。

そのうちの一つがサ~ッと流れ星になり、あっという間の出来事に願い事をする間もなかったほど。それでも、こんなに素晴らしい星空を与えていただいたことに感謝しながら、西表島の夜を過ごしたのでした。

 

岡谷市鶴峯公園のつつじ祭りのご紹介

ツツジの名所である岡谷市鶴峯公園で「つつじ祭りが開催されています。地元の観光名所なので、私も出向いてみました。公園内では30種類3万株と言われる色とりどりのツツジが咲き誇り、見事な光景を演出しています。

若い頃は、会社の同僚と花見宴会をしたこともあった鶴峯公園ですが、今年も新型コロナの影響で園内での飲食は禁止。それでも平日にもかかわらず、多くの花見客が訪れ、口々に「きれいだね」「すごいね」と喜ばれていました。

ただ、地元の私に言わせると、昨年よりも花の付きが今一つという感じ。時期の問題だったのか、あるいは今朝の冷え込みの影響かもしれません。とは言うものの、色鮮やかで圧巻の光景であることには変わりありません。

ちなみに私は、駅近くのイルフプラザ駐車場に車を止め、約2・5キロを歩いて公園に向かったのです。このところ、御柱祭里曳きに備えてウオーキングを続けており、ちょうどいい機会になりました!

 

鶴峯公園へは、岡谷インターから車で約15分。有料駐車場が近くにあります。JR岡谷駅からだと徒歩約25分、コミュニティバスなら直近の鶴峯公園バス停で下車。詳しくは岡谷市観光協会のサイトをご覧ください

www.kanko-okaya.jp

※このブログは、挑戦者マイケルオズの気まぐれトークと共通コラムです

 

篠ノ井線廃線敷遊歩道を歩く

長野県の松本と長野を結び、山間部を走る鉄道の篠ノ井線安曇野市の明科駅と筑北村西条駅の間は、昭和63年に新しいルートに付け替えられ、廃線となった旧線は遊歩道として整備されています。

先日、約6キロの遊歩道のうち、旧白坂トンネル付近から旧漆久保トンネルまでの1・7キロを往復歩いてみました。大型連休前ということもあり、私以外に訪れている人はいません。念のため、熊除けの鈴を身に付けてのウオーキングでした。

廃線跡とはいえ、整備されたコースなので、列車が走っていた頃の鉄道設備が保存状態よく、そのまま残されています。旧漆久保トンネルは通過することができ、蒸気機関車のススで薄汚れたレンガが積まれ、歴史を感じさせてくれました。

昭和63年まで旧線が使われていたということは、私も高校や大学時代に篠ノ井線に乗っているので、風景に見覚えがあるはず・・・ですが分かりません(苦笑) ただ、途中にある潮沢信号所で列車交換をしたことはかすかに覚えていました。

鉄道ファンなら、篠ノ井線廃線敷をぜひ歩いてみてください!

新・鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編

新・鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編

  • ジェイティビィパブリッシング
Amazon

 

人が誰もいないさいはての地で出会ったエゾシカ~北海道根室市落石岬

全国に「さいはての地」と呼ばれる場所がいくつかあります。北海道では、納沙布岬(最東端)、宗谷岬(最北端)などが有名ですが、納沙布岬と同じ根室市にある落石岬は、メジャーな場所ではありません。しかし、さいはて感はトップクラスです。

私が落石岬を訪れたのは1997年の夏。JR根室本線の落石駅を早朝降り立ち、片道4キロ以上の道のりを歩き、落石集落の人家が途切れた丘陵地が岬でした。当時、霧が立ち込めて薄暗く、夏なのに寒かったことを覚えています。

朝ということもあり、岬周辺には誰一人居ません。落石岬湿原の中を真っすぐ突き抜けている木道は、まるでそのまま太平洋に飛び込んでいくかのよう。まさに、さいはての地にふさわしい絶景で、思わず「素晴らしい」と口にしてしまいました。

人の営みは全くなく、訪れる人もいない静けさに包まれた岬で、私の目の前にエゾシカが現れたのです。根室本線の車窓からもエゾシカが見られましたが、間近で見るのは初めてだったので、とても感動的だったことを覚えています。

落石岬にはサカイツツジという国天然記念物の花が咲いています。私は時期外れだったのでお目にかかれませんでしたが、5月下旬から6月にかけて咲くそうなので、チャンスがある方はぜひ訪れてみてください。

根室振興局の落石岬紹介のページです

www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp