旅人マイケルオズのニッポンひとり旅語り

全都道府県を巡り歩いた旅人が、ひとり旅で訪れた旅先の素晴らしさ、楽しいエピソードなどを紹介し、併せて旅の情報やノウハウも語っています

「全国神社お参り旅」山内神社~高知県高知市

f:id:mykeloz:20220317081500j:plain

今回の「全国神社お参り旅」では、高知県高知市山内神社を参拝いたします。

高知市の交通の拠点であるはりまや橋周辺には、幕末に活躍した坂本龍馬の生誕地やひろめ市場などの観光名所があります。山内神社鏡川沿いにあり、境内には幕末の藩主・山内容堂の像が「鯨海酔候」の名の如く、盃を手にして鎮座しています。

もともと、江戸時代後期に藩祖・山内一豊と妻の千代を顕彰する神社が高知城内に創建され、昭和に入ってから幕末の容堂、最後の藩主・豊範を祀る神社と合祀し、歴代土佐藩をまつる神社として今も住民の信仰を集めているそうです。

個人の感想ですが、高知は日本を代表する酒飲みの本場だと思っており、その所以に最もふさわしいのが容堂公。土佐勤王党弾圧という黒歴史もありますが、酒好きとして知られる人物像には豪快さや男気のようなものを感じさせてくれます。

掛けまくも畏き 伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に 生り坐せる祓へ戸の大神たち
諸々の禍事・罪・穢あらむをば
祓へ給ひ清め給へと 白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す。 ※祓詞

www.yamauchijinjya.net