旅人マイケルオズのニッポンひとり旅語り

全都道府県を巡り歩いた旅人が、ひとり旅で訪れた旅先の素晴らしさ、楽しいエピソードなどを紹介し、併せて旅の情報やノウハウも語っています

大河ドラマを旅する

大河ドラマを旅する~2020年「麒麟がくる」岐阜市~影の薄い斎藤義龍はドラマでもナレ死・・・

斎藤義龍は、美濃の蝮(まむし)と恐れられた父の斎藤道三との確執が深く、実の親子ではないとも言われています。「麒麟がくる」では伊藤英明さんが、悩み苦しむ義龍の人物像を演じてきました。が、24日の放送でナレ死となったのです(苦笑) 岐阜城の近く…

大河ドラマを旅する~2020年「麒麟がくる」岐阜市~重厚な斎藤道三像を演じた本木雅弘さん

道三塚(2010年) 10日の大河ドラマ「麒麟がくる」は、前半のクライマックスといえる長良川の戦いの回が放映されました。斎藤道三と斎藤高政(義龍)の親子が争い、勝った義龍が名実ともに美濃の支配者になった戦いです。 斎藤道三は「美濃の蝮(まむし)…

大河ドラマを旅する~2007年「風林火山」小田原市~上杉謙信を演じたミュージシャン

小田原城(2009年) 大河ドラマ「風林火山」は、私の地元・諏訪地方でも観光誘客PRに力を入れた作品でした。主人公は、武田信玄の軍師とされる山本勘助(内野聖陽さん主演)で、大河の中では骨太の歴史ドラマという印象が強く残っています。 信玄の好敵手で…

大河ドラマを旅する~1988年「武田信玄」上越市春日山~上杉謙信を演じた俳優・柴田恭兵さん

春日山城址の毘沙門堂 大河ドラマ「武田信玄」は、青年時代に歴史好きになるきっかけの一つになったドラマとして印象深いです。とくに、信玄の宿敵である上杉謙信の描かれ方に魅了されました。もちろん、謙信役の柴田恭兵さんの熱演があってこそです。 謙信…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」近藤と土方の永遠の別れ~千葉県流山市

流山の近藤勇陣屋跡(2004年) 大河ドラマ「新選組!」をシリーズで紹介してきましたが、ここで一旦区切りにしたいと思います。近藤勇が率いる新選組としては、終焉の地となったのが千葉県流山市。ここで、新政府軍に近藤が投降し、土方歳三らとの永遠の別れ…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」近藤勇の良き理解者・小島鹿之助~町田市小野路

小嶋資料館の門(2004年) 小島鹿之助は、小野路村(現町田市)の名主で、試衛館時代から近藤勇と親交があった人物です。近藤が村へ剣術の指導に行き、少し年上だった鹿之助が近藤に漢学を教えていたそうで、土方歳三や沖田総司とも面識があったと思われます…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」新選組の屋台骨を支え続けた男・井上源三郎~日野市

井上源三郎資料館(2004年) 近藤勇や土方歳三ほど有名ではありませんが、試衛館時代から近藤を支え続けてきた人物の一人が井上源三郎です。寡黙な方だったそうですが、「源さん」の愛称そのままに多くの隊士から慕われていたといいます。 井上が生まれ育っ…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」新選組を作った男・芹沢鴨~茨城県行方市

芹沢鴨のふるさと・茨城県行方市(旧玉造町) 近藤勇を中心にした新選組の歴史を語る中で、常に対比されてしまうのが初代筆頭局長の芹沢鴨です。大河ドラマでは佐藤浩市さんの熱演が光りましたが、昔から映画などでは「歯止めが利かない乱暴者」という人物像…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」新選組の語り部としての余生・永倉新八~北海道松前町

松前町にある居住地跡(2007年) 新選組では常に最前線で活動し、剣の腕前は沖田総司よりも上だったとまで言われているのが永倉新八。彼は松前藩士の子として生まれたので、近藤や土方とは異なる武士の出身ですが、試衛館時代から近藤らと行動を共にしてきた…

大河ドラマを旅する~2014年「軍師官兵衛」~有岡城と運命を共にした武将の妻

荒木村重の居城だった有岡城(2014年) 2014年放送の大河ドラマ「軍師官兵衛」は、豊臣秀吉の軍師だった黒田官兵衛の生涯を描いた作品です。その官兵衛が人生最大の苦難に陥ったのが、織田信長を裏切った荒木村重によって幽閉された有岡城(伊丹城)での…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」謎多き隊士・斎藤一~会津若松市

会津若松市郊外の如来堂(2013年) 大河ドラマ「新選組!」シリーズを始めたとたん、新型コロナウイルスが社会問題となってしまい、シリーズ自体が途切れ気味になってしまいました。近藤勇など主な人物のゆかりの地が東京(江戸)に集中しているのも、書けな…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」沖田総司療養の地・浅草

今戸神社 新型コロナウイルスの話題ばかりでは滅入るので、久しぶりに大河ドラマを旅する「新選組!」シリーズを書きます。今回登場するのは、新選組の一番隊長と言われた沖田総司と、そのゆかりの地・東京浅草についてです。 沖田総司は、新選組の中で最も…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」土方歳三が生まれた日野市

高幡不動の土方歳三像 新選組で近藤勇を支え、鬼の副長と恐れられていた土方歳三。彼が生まれ育ったのは多摩川のほとりにある石田村(現在の日野市)です。豪農の出身ですが跡取りではなかったので、行商をしたり、奉公に出たりと苦労をしてきたといいます。…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」~近藤勇のふるさと調布市

西光寺(2004年) 大河ドラマ「新選組!」の旅をシリーズでご紹介します。まず、新選組といえば局長の近藤勇を忘れてはなりません。 近藤勇は多摩の豪農の家に生まれました。今の行政区では調布市になります。多摩は、江戸から近い地理的条件と将軍家のお膝…

大河ドラマを旅する~2004年「新選組!」~東京都文京区

伝通院(2004年) 大河ドラマにちなんで、年間通して複数回のひとり旅をしたドラマの一つが2004年の「新選組!」でした。幕末の京都を震撼させた佐幕派集団で、近藤勇、土方歳三、沖田総司は今でも人気があります。 「新選組!」の脚本は三谷幸喜さんが…

大河ドラマを旅する~2020年「麒麟がくる」~岐阜市

立政寺(2020年) 「麒麟がくる」で脚光を浴びている岐阜県岐阜市には、金華山と岐阜城(稲葉山城)があり、ドラマ以前から観光スポットとしてお馴染みでした。岐阜城といえば織田信長が美濃制圧後に拠点を置いた城として有名です。 織田信長が京都へ上洛で…

大河ドラマを旅する~2020年「麒麟がくる」~可児市

「麒麟がくる」の主人公・明智光秀は、織田信長の家臣としての活躍が有名ですが、その半生は謎に包まれている人物です。出生の地だけでも、いくつかの説があるほどで、有力とされているのが可児市の明智の荘と言われています。 ここには明智城という山城があ…

明智光秀紀行の第1弾が終了しました

可児市の大河ドラマ館 大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんだ岐阜県(美濃)へのミニ旅行から戻りました。暖冬のはずなのに、旅行中は厳しい寒さがぶり返しており、久々に真冬の旅を強いられました(苦笑)。 今回訪れたのは岐阜県の可児市と岐阜市です。可児…

明智光秀紀行の第一弾に出発します

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀や登場人物ゆかりの地を巡る旅行の第一弾として、明日岐阜県を訪れます。美濃地方は光秀出生の地であり、青年期を過ごしたとされるところで、岐阜県では今回の大河ドラマを観光誘客ツールとして期待している感じ…

大河ドラマを旅する~2000年「葵 徳川三代」~岐阜県関ケ原

2000年の大河ドラマ「葵 徳川三代」は、家康、秀忠、家光の3将軍がリレー風に主人公を演じた作品で、本格的な歴史ドラマとして評価が高い作品です。天下分け目の決戦である「関ケ原の戦い」がドラマのスタートになりました。 合戦シーンが壮大なスケールの…

大河ドラマを旅する~2008年「篤姫」~薩摩今和泉

薩摩今和泉駅(2008年) 大河ドラマにちなんだ土地は、大きな都市や観光地ばかりとは限りません。そのドラマがなければ、ほとんど観光客が訪れないような地方の小さな町というケースもしばしばあります。2008年の「篤姫」では、そんな町を訪れました。 …

大河ドラマを旅する~2007年「風林火山」~山梨県北杜市

風林火山館(2006年) 2004年の「新選組!」で、ゆかりの地をあちこち巡って以降、ひとり旅の行先を選ぶうえで、その年の大河ドラマの舞台となった地域は有力な候補地になっています。ところが、2007年だけは事情が異なったのです。 この年のドラマは「風林…

大河ドラマを旅する~1998年「徳川慶喜」~水戸

大河ドラマ「徳川慶喜」のセット(1998年) 私がNHKの大河ドラマを見始めたのは、1988年の「武田信玄」からでした。歴史好きだったことに加え、信州・諏訪在住の私には最も馴染みの深い戦国武将で、毎週楽しみだったことを覚えています。 さて、ひとり旅…

大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんだ旅

恵那市明智にある碑 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が始まりました。出演者の交代でよもやの2週遅れスタートとなりましたが、初回のストーリーを見てみると、面白い展開が期待できそうな感じがしました。 歴史好きにとっては3年ぶりの戦国ドラマで、主役は明…